dヒッツを31日間利用してみて

こんばんは。先日の「Amazon music unlimited」に続いて「dヒッツ」を31日間利用しましたので、その感想とセットアップ手順を報告します。以前に「Amazon Echo Dot」を通じて再生する際に「Amazon music Unlimited」より日本のアーティストが強いこと。曲の再生時にテーマに沿った楽曲が提供されている点が好印象と報告しました。この31日間では海外アーティストは「Amazon music Unlimited」、日本国内アーティストを再生する際には「dヒッツ」を使い分けていました。私が「dヒッツ」の提供機能で好きなものは傾聴中の歌詞を確認することです。これまでにスマートフォンで定額聞き放題サービスを利用しているみなさんにとっては当たり前の機能なのかもしれませんが、1か月前から利用し始めている私にとっては「Amazon music Unlimited」には本機能がなく、「dヒッツ」をタップし続ける動機に十分でした。

また、音楽に合わせて今歌われている歌詞が赤色にハイライトされます。学生時代に聞きながしていた曲を改めて文字として確認することができ、当時の覚えていた歌詞が間違っていたことや曲全体の歌詞を再確認できたことが新鮮で、その時代の気持ちが鮮明に思い出されました。その印象が強烈なので外出先で学生時代、社会人駆け出しの頃を中心に楽しんだ曲・アーティストを検索、再生しながら、詞を内容を楽しむ習慣ができました。これが私にとって「dヒッツ」を使い続けた一番の理由です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

31日間無料体験セットアップ手順

  1. Alexaアプリをタップし、メニューから「ミュージック&本」を選択します。
  2. 「ミュージック&本」画面から「dヒッツ」をタップします。
  3. 「dヒッツ」画面で「有効にする」をタップします。
  4. 「dアカウント – ログイン」画面で「dアカウントのID」「パスワード」を入力し「ログイン」をタップします。(dアカウントがない場合は、「dアカウントを発行する」をタップし登録してください。)
  5. 「クラウドサービス連携」画面で内容を確認し「許可する」をタップします。
  6. 「amazon alexa」画面で「dヒッツが正常にリンクされました。」と表示されたら、本画面を閉じます。これでセットアップは完了です。

月額500円の「dヒッツ」。日本アーティストの曲が中心で、歌詞閲覧機能など日本語にこだわりのある「Amazon Echo」ユーザにお勧めです。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告