Amazon Echo Showを利用してわかったお勧め4機能

先日、Echo Showのセットアップを報告しましたが、その後、Echo Showを使っていました。同製品を利用したからこそ、私がわかったお気に入り4機能を報告します。Echo ShowはこれまのでEchoシリーズの音声応答に加えてタッチスクリーンが利用でき、その画面上で情報確認、操作、設定ができます。第一印象では、同じように音声、映像情報をAlexaアプリを通じて利用できるFire HD 10タブレットと比較して、Echo Showは音声と映像の絶妙な応答タイミングや字幕情報の設定追加ができるようになっており、音声アシスタントが活躍の場を広げたいというアマゾン社のこだわりが感じられます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

お薦め4機能

タッチパネルを搭載機種だから提供される機能が中心ですがお薦め4機能を報告します。

  1. Amazon Prime Videoなどのストリーミング動画の視聴
  2. ニュース情報で動画コンテンツが選択可能
  3. 天気予報などに追加情報
  4. ビデオ通話機能

Amazon Prime Videoなどのストリーミング動画の視聴

Echo Showではアマゾン社のAmazon Prime Videoなどストリーミング動画サービスの視聴が可能です。「Alexa, show me Prime video」と声をかけるとPrime Videoの番組が表示され、興味のある番組の視聴が可能です。また、英語字幕機能が利用できるので英語学習している人にお勧めです。

ニュース情報で動画コンテンツが選択可能

一部のニュース番組(例 CNN Flash Briefing、Reuters TVなど)で最新ニュース情報を動画としても視聴できます。ニュースの音声での理解に加えて映像が目に入ることで番組のメッセージが瞬時に理解できます。ニュース情報は英語の字幕機能は利用できないようです。

天気予報などに追加情報

これまでAmazon Echoには「明日の天気は?」と声をかけると、指定日時の天気予報が音声で回答されました。Echo Showでは指定した日の天気予報が音声と画面で回答され、その後、一定時間経つと週間天気予報が画面に表示されます。この1週間の補足情報の表示がアマゾン社製品担当のこだわりを感じられます。

ビデオ通話機能

国内未提供の「コール&メッセージ」機能を利用し、家族や友達などディスプレイ・カメラ搭載のEcho Show、Echo Spot、Alexaアプリをインストールした機器間でビデオ通話が可能です。スマートフォンのカメラの位置やアングルを気にして自身の手で調整することなく、Echo Showをおいてその画面に顔を向けるだけでビデオ通話ができます。音声アシスト付き専用テレビ電話機のような印象を持ちました。

Echo Showは現在発売中の音声アシスタントでは一番のお勧め製品です。国内販売された際は、購入を是非検討ください。例えば、キッチンに置けば、レシピを確認した際に調理の映像が加わり、料理がしやすくなる日が来ると思われます。寝室に置けば、就寝前に明日の予定、天気予報の確認、寝付くまでのひと時に番組の視聴など、音声アシスタントとしての役割の幅が広がります。

Amazon Echo ShowはEchoに7インチタッチスクリーンを搭載。音声認識に加えてタッチスクリーンの利用、Fire HD 10タブレットのAlexa2台でコール・メッセージ機能を体験のため購入。その外観とセットアップ手順の報告。
アメリカ、イギリス、ドイツで提供中のコール・メッセージ機能のセットアップ手順、音声・ビデオ電話、音声・メッセージと連絡先の変更に関して報告します。Amazon Echo、Alexaアプリ同士ではインターネット接続費以外無償。いち早く日本でのサービス提供を望みます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告