Alexaアプリ環境設定を行い自分好みのAmazon Echoに

Amazon Echo Dotのセットアップ時から頻繁に利用しているAlexaアプリに「Alexaの環境設定」という項目があります。この設定はAlexaアプリのメニューから設定を選択することで調整できます。詳細に設定すると同アプリがご自身の生活環境に合った自分好みの設定に変更することが可能です。主に調整可能な箇所は次の5項目です。今回はその設定方法に関して報告いたします。

  • ミュージック・メディア
  • フラッシュニュース
  • スポーツニュース
  • カレンダー
  • リスト
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

設定方法:

1.ミュージック・メディア

ここを調整することでAmazon Echoを通じて音楽を再生する際に、デフォルトのミュージックサービスを選択することが可能です。デフォルトのミュージックサービスに選択することで利用者がサービス名を指定しなくても、自動的にAlexaがそのサービスを利用します。また、各個別サービスにおいて詳細な管理が可能になります。例えばAmazon Musicでは同サービスのプラン、会員登録、支配方法の確認変更が、端末・アカウント管理確認があげられます。

2.フラッシュニュース

この設定では4月23日時点で177種類のフラッシュニュースコンテンツのスキルのオン、オフの切り替え、ニュース再生順序の変更と同スキルの検索が可能です。自身が関心のあるフラッシュニューススキルを検索・追加したり、「アレクサ、今日のニュースは」と声をかけ、ニュース再生時のコンテンツの順番を調整することができます。

3.スポーツニュース

ここでは「アレクサ、スポーツニュース」と声を掛け、自分が応援しているスポーツチームの試合状況・結果が確認できるよう設定します。主な対象チームは次のリーグから選択可能です。各チームの検索はその正式チーム名称、または、所属都市名で検索します。対象チームは日本国内:プロ野球、Jリーグ、アメリカ:野球、フットボール、バスケットボール、アイスホッケー、サッカーとなります。

4.カレンダー

この設定ではGmail、Outlook.com、iCloudなどのカレンダー機能との連携の設定を行います。詳細に関しては次を参照ください。

毎朝のAmazon Echo Dotで行っている4つの機能。目覚ましのための「アラーム」スキルでは「今日の天気予報」「NHKラジオニュース」「NAVITIME運行情報」に加えて、スケジュール管理を追加します。スケジュール管理としてはGoogleカレンダーを利用し、その設定方法を報告します。
スケジュール管理で以前セットアップ方法を紹介したGoogleカレンダーに続き、Outlookを利用した場合の設定方法を追加報告します。Outlookはビジネスユースが多く、仕事とプライベートの操作性に統一感を持たせたい方、Outlookアプリ一つで「メール・カレンダー・ファイル・連絡先」を管理されたい方にお勧めです。
スケジュール管理で以前セットアップ方法を紹介したGoogleカレンダー、Outlookに続き、iCloudを利用した場合の設定方法を追加報告します。iCloudとの連携はiPhone、iPadと利用ユーザが一番多くと思われます。iOS標準カレンダーを活用しているユーザへのセットアップ手順の報告となります。
Amazon Echo Dotでのカレンダー機能のまとめです。これまでのAlexaアプリのカレンダー機能の歴史やアレクサへの声のかけ方を報告します。カレンダー機能はGoogleカレンダー、Officeカレンダー、Apple iCloudの順に機能拡張されています。

5.リスト

ここでは買い物リスト・Todo(やること)リストの管理アプリとの連携を設定します。4月23日現在、日本国内ではのAnyListスキルが選択可能です。同スキルはiOS対応AnyListアプリとの連携が可能で、同アプリを利用すれば外出先でもそれらのリストを管理することができます。現在、アメリカでは5種類のリストアプリから選択可能で、日本語対応の拡充が待たれます。

Alexaアプリの環境設定を行い、ご自身の生活環境にあった自分好みのAmazon Echo・Alexaアプリに育てていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告