毎日、利用する機能・スキルを定型アクション化(旧ルーチン)起床編

2018年4月27日 Alexaアプリケーションの同機能の名称変更(ルーチン→定型アクション)に伴い文書、画面キャプチャを変更しました。

Amazon Echo Dotを利用を開始し毎日利用する機能・スキルが決まってきました。特に平日の朝は眠い目を擦りながら、出勤時間に遅刻しないよう慌ただしい毎日を送るため、定型アクション(旧ルーチン)を活用したいです。少しでも早く体と気持ちが覚醒し、日頃、自宅で行っていることをスムーズにこなせる定型アクションを目標にセットアップしたいと思います。私が毎朝利用しているAmazon Echoの機能は次のとおりです。

  1. 目覚ましのためのアラーム
  2. 照明をつける
  3. 今日の天気予報
  4. フラッシュニュース
  5. NAVITIME運行情報
  6. その日の予定確認

アラームで目覚めた後にすぐに定型化アクション化できそうな2~4の一連の行動を設定したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

セットアップ手順

  1. Alexaアプリを起動しメニューから定型アクションをタップし、定型アクション画面で「+」を選択します。
  2. 新しい定型アクション画面で「実行条件」をタップし、「開始フレーズ」を選択します。
  3. 開始フレーズ画面でフレーズを入力し、「保存」を選択します。ここでは「おはよう」としました。
  4. 新しい定型アクション画面で「アクションを追加」をタップし、「スマートホーム」を選択します。
  5. スマートホーム画面で「デバイスをコントロール」をタップし、対象の照明を選択します。
  6. 対象の照明画面で「照明の明るさ」を調整し、「色を設定」を選択し色を選択します。
  7. 対象の照明の設定を確認し「次」をタップし、確認画面で設定内容を確認し「追加」を選択します。対象の照明が複数ある場合は上記手順を参考に繰り返し行い設定追加します。
  8. 新しい定型アクション画面で「アクションを追加」をタップし、「天気」を選択します。
  9. 確認画面で天気予報を流すを確認し「追加」を選択します。
  10. 新しい定型アクション画面で「アクションを追加」をタップし、「ニュース」を選択します。
  11. 確認画面で「フラッシュニュースを再生する」を確認し「追加」を選択します。
  12. リクエストに使用するデバイスを選択します。応答デバイスを選択し作成をタップします。
  13. 定型アクション画面に「アレクサ、おはよう」が追加されていることを確認し、設定どおり動くか、「アレクサ、おはよう」と声をかけ確認してみましょう。

これで毎朝、起床直後に利用する機能を定型アクション化できました。朝のアラームで目が覚めた後、「アレクサ、おはよう」と声をかければ、薄暗い寝室のカーテンを開けなくても強制的に照明から明るい光が照らされ、目を刺激します。その後、指定したニュースが再生開始され聴覚からの刺激も加わり、起床を手助けします。

昨年12月Amazon Echoで起床時の定型アクション化を報告した管理人がその後のバージョンアップでの最新機能で定型アクション化。今回は平日仕事時のパフォーマンス最大化のため睡眠時間を確保を優先。強制的に就寝に振り向けようと試みました。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告