Amazon Echo Buttonsを使ってHanagramでクイズをしてみた

Amazon Echoが国内発売されて2か月半が経ちます。先日には「Amazonランキング大賞2018年上半期」が発表され、はじめてAlexaスキルのランキングも発表されました。対象期間は約半年の2017年11月13日~18年4月30日。初の1位は朝の忙しい時間に視聴することが多いラジオ視聴スキルの「radiko.jp」2位は「アレクサ、ピカチューを呼んで」というとピカチューがやってくる「ピカチュートーク」3位は全国の鉄道の駅名を使って遊ぶ「駅しりとり powered by 駅すぱあと」が発表されました。みなさんがうまくAmazon Echoを活用し、楽しんで生活しているんだなと感じました。そのようななかアメリカで発売されているAmazon EchoのAlexa専用ガジェット「Echo Bottuns」を入手しましたので「Hanagram」といいゲームのスキルを利用した報告をします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Echo Buttonsとは

Amazon Echoシリーズでゲームをするための専用ボタンです。現在、日本では未提供の商品です。Echo Buttons skillsを利用し友人とゲーム、クイズなどを楽しむことができます。Amazon EchoとはBluetooth接続で接続し、最大4つのボタンまで利用できます。例えば、4人同時にクイズスキルを楽しんだり、BluePrintを利用し自分で作成した家族のトリビアなどをクイズ形式で遊べます。

イメージ動画

参照元:Amazon社Echo Buttons紹介ページより

Echo Buttons skills

アメリカで提供されている代表的な「Echo Buttonsスキル」は次のようなものがあります。

Trivial Pursuit Tap モノポリーで著名なハズブロー社が開発した早押し形式のトリビアクイズ。
Hanagram 文字を並び替えて別の意味の言葉にするするアナグラムクイズ。
Party Foul 友人の恥ずかしい体験や普段聞けない事をAlexaが質問をします。知人、友人がどうこたえるか予想しましょう。
Don’t Cut That Wire! Alexaから提示されたランプの点滅順序を繰り返し再現します。順序が誤れば爆弾が爆発するゲームです。

Alexa Skills BluePrints

Alexa Skills BluePrintsの「Game Show」を使ってEcho Buttonを使ったクイズを作成できます。サンプルでは次のようなクイズがありました。

ハートブレイクホテルを歌っている歌手は? エルビスプレスリー
2018年アカデミー作品賞を受賞した映画は? The Shape of Water
2018年スーパーボールの勝者はダラスカウボウイである? 違います。フィラデルフィアイーグルスです。

セットアップ手順(Hanagram編)

  1. Echo Buttonsの裏面のカバーを開き、単四電池をセットします。
  2. Alexaアプリを起動し画面上部左のメニューをタップし「Alexaデバイス」を選択します。
  3. Echo Buttonsを接続するEchoデバイスを選択し「Alexa Gadget」をタップします。
  4. Echo Buttonsのランプがオレンジ色になるまで10秒ほど押します。
  5. 「Bluetoothのセットアップ」画面で対象となるEcho Buttonsを選択し、ペアリングが終了したら「完了」をタップします。
  6. ペアリングが成功するとランプが青色に光ります。残りのEcho Buttonsもこの手順で繰り返し設定します。
  7. 次は「Echo Butoons Skills」を設定します。Alexaアプリの「スキル」を開きます。
  8. 「すべてのスキル」画面で「Games, Trivia & Accessories」をタップし「Hanagram」を選択します。
  9. 「Hanagram」画面の「有効にする」を選択します。

「Hanagram」ゲーム動画

Amazonエコーのガジェット「Echo Bottons」を体験してみました。テレビのクイズ番組やゲームセンターのクイズゲームなど早押しボタンのの感覚で楽しむことができました。自宅で家族や子供と一緒に誕生日会などパーティを楽しむ際のツールとしてお勧めです。

Amazonの30日の無料体験を始めよう!
Amazonをショッピングに加えて観る、聴く、読むなど「Amazonプライム」
「PrimeVideo」で対象の映画やドラマ、アニメ、Amazonオリジナル作品が見放題
新曲から名曲まで4000万曲以上の聞き放題「music unlimited」
いつでもどこでも様々なデバイスで読書し放題「KindleUnlimited」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告