AmazonGlobalと個人輸入転送サービスの使い分けを考えた

先日、Amazon GlobalつまりAmazonショッピングのインターナショナルショッピング機能を利用しました。アメリカAmazonの商品を購入体験し、結論として「Amazon Globalの利便性」「商品購入不可能な商品があること」「決済時はドル通貨のほうがお得であること」を報告しました。今回は同時期にアメリカAmazonから購入した商品が個人輸入転送サービス会社経由で届きました。まずは、個人輸入転送サービス会社のサービス内容を報告し、Amazon Globalと個人輸入転送サービス会社の比較を行います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

個人輸入転送サービス会社

私が利用している個人輸入転送サービス会社はアメリカに拠点があります。主な業務は「個人輸入のための転送サービス」「購入代行サービス」「個人輸出のための転送サービス」となります。輸入のための転送サービスは後程詳細を報告します。購入代行サービスは海外の通販サイトで欲しい商品を見つけた時に代りに購入してくれるサービスです。海外の通販サイトでは日本のクレジットカードで決済をできないECサイトもあります。私はこれまでそのようなサイトで購入したい商品がある時に利用しました。私の経験談ですが、現地スタッフは英語でコミュニケーションが取れますので、Webでは開示されていないキャンペーンなど交渉いただき、想定価格よりも安く購入でき満足した買い物ができた覚えがあります。輸出のための転送サービスでは日本にいながら商品をAmazon.comやeBayで販売し、輸出を行う時に利用します。

本題の個人輸入転送サービスはアメリカECサイトで商品を転送会社指定倉庫を送付先にして購入します。同倉庫に商品が到着後着荷の連絡、連絡受領後日本への配送方法、検品の有無などの転送依頼を行います。その後、同社より運賃や手数料の見積があり、入金後、商品を発送してくれます。私が考えた本サービスを利用するケースはアメリカアマゾンを利用する上で「AmazonGlobalで購入不可商品」や検品、特別梱包が可能ですので「壊れやすもの(精密機械など)」の購入時があげられます。荷物の到着時間はAmazonGlobalのほうが転送サービス会社との取引がない分早く手元に届きます。関税の支払いは転送会社は宅配業者支払う後払い、AmazonGlobalは税金手数料が決済時の支払の前払いになっております。

種類 AmazonGlobal 転送サービス会社
対象 購入可能商品 購入不可商品
配送方法と営業日 3種類 5種類
Standard(9~14)  宅配ヤマト運輸(5~7)
  Expedited(6~10) 郵便PMI(7~21)
  Priority(2~4) 郵便EMS(5~10)
    大型ドア to ドア便(5~7)
    大型Air Cargo便(7~10)
特別検品
特別梱包 Amazon指定レベル
関税、手数料 前払い 後払い

受け取り時の荷物

特別梱包サービス依頼のため、商品ごとのエアパッキンに緩衝材入れて手配いただきました。

今回はAmazon Globalでは購入できないアイテムを転送サービスで利用しました。

着払いでの諸費用

今回は関税の負担はなく、消費税などで1200円ヤマト運輸さんに支払いました。

AmazonGlobalの登場で個人輸入転送サービス会社の配送がなくなるかと思いましたが、販売不可商品などでの利用で今後も継続的な活用できそうです。英語が苦手だからこそ日本語で取引できる安心感があります。

2018年4月Amazonショッピングアプリでインターナショナルショッピング機能(AmazonGlobal)が追加。同機能を利用しアメリカアマゾンの商品を直接購入。日本発送対応可能な商品がどんな段取りで購入可能か体験しましたので報告します。
アマゾンインターナショナルショッピング(AmazonGlobal)での購入で気づいた5つのポイントを報告。「今後の日本語対応」「購入できるもの、できないもの」「為替レート(円決済 VS 米ドル決済)」「税金、手数料」「配送手段」など
4月購入したツゥミの財布のアマゾンから輸入手数料の返金の連絡が入り、AmazonGlobalでの購入金額が確定した。これで国内正規販売店とアマゾンインターナショナルでの購入金額が比較でき、どちらの購入が得だったのか報告します。

Amazonの30日の無料体験を始めよう!
Amazonをショッピングに加えて観る、聴く、読むなど「Amazonプライム」
「PrimeVideo」で対象の映画やドラマ、アニメ、Amazonオリジナル作品が見放題
新曲から名曲まで4000万曲以上の聞き放題「music unlimited」
いつでもどこでも様々なデバイスで読書し放題「KindleUnlimited」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告