Amazon Echo Bottunの定型アクション、利用方法を考えてみた。

Alexaアプリの最新版で、利用者がEcho Bottunを押してAlexaアプリの定見アクション機能を起動できるようになりました。既にEcho Bottunを購入していたのですが、英語のゲームくらいしかすることがなく、利用することがあまりなかったので、どんな利用方法があるか考えてみたいと思います。まずは、セットアップ手順から報告します。ご注意:アメリカのアカウントでの報告です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

セットアップ手順

  1. Alexaアプリを起動しメニューボタンをタップし「設定」を選択します。
  2. 「設定」画面で「デバイスの設定」をタップします。
  3. 「すべてのデバイス」画面でEcho Bottunと接続するEchoデバイスをタップします。
  4. 「デバイスの設定」画面で「Alexa Gadgetをペアリング」をタップします。
  5. 「Echo Button」のボタンを押し続けます。ランプがオレンジ色に点灯します。
  6. 「Bluetoothのセットアップ」画面で対象のEcho Buttonを選択します。「設定」画面Echo Buttonが追加されれば成功です。
  7. メニューボタンをタップし「定型アクション」を選択します。
  8. 「定型アクション」画面の右上にある「+(プラス)」ボタンをタップします。
  9. 「新しい定型アクション」画面で「実行条件を設定」を選択します。
  10. 「実行条件を設定」画面で「Echo Button」をタップします。
  11. 「ECHO BUTTONを選択」画面を確認し、利用するECHO BUTTONを押します。注意:EchoデバイスとECHO BUTTONの距離は10m以内である必要があります。
  12. その後、「追加」をタップします。
  13. 次にアクションを追加します。「新しい定型アクション」画面で「アクションを追加」を選択します。
  14. 「新規」画面で表示される「アクション例」をタップします。ここではEcho Buttonを押したらメッセージを送信したいので「メッセージ」を選択します。
  15. 「メッセージ画面」で「通知」ではAlexaアプリで受信したいメッセージ(文字数148以内)を入力し「確認」画面を確認し「追加」を選択し確認画面で内容を確認し「保存」をタップします。
  16. 「新しい定型」アクション画面で他のアクションの追加がなければ「作成」を選択します。他のアクションの追加をする場合は上記手順を繰り返します。
  17. これで準備が完了です。Echo Buttonを押してみましょう!

Echo Buttonで可能な定型アクション

Alexaのおしゃべり おはよう
  ひと言
  カスタム
  ジョークを言う
  ストーリーを読む
  歌を歌う
Alexaデバイス 音量設定
カレンダー 今日、明日、次の予定の読み上げ
スマートホーム スマートホーム機能のデバイスの管理
ニュース フラッシュニュースの再生
ミュージック 楽曲の再生
メッセージ 事前登録メッセージの再生、アプリへの通知
交通情報 交通情報の再生
天気予報 天気予報の再生

これまでの個人的なAmazon Echoの利用が、Echo Buttonで定型アクションの利用可能になり利用していない人へのツールとしても活躍の場が広がりました。私は早速、「玄関先に不在時の連絡用」と「同僚にその日に行ってほしいスケジュールの伝達」手段として定型アクションを作ってみました。

日本未発売のAmazon EchoのAlexa専用ガジェット「Echo Bottuns」を入手しました。それを利用し遊べるアナグラムクイズ「Hanagram」スキルが利用できるセットアップ手順やゲームイメージを報告します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告