Amazon Echo Show 2ndをセットアップしてみた。

いよいよ発売されますAmazon Echo Show 2ndのセットアップを紹介いたします。2017年6月にEcho Showの第一世代はアメリカなどで発売されていました。OSはFire OS、7インチのタッチスクリーン、フロントにカメラ、発売前後ボイスコール機能が追加され、当時スマートスピーカーとしては最新機能が充実、音声応答にタッチスクリーンでの映像情報が追加されました。私は早く、触ってみたいと思い、並行輸入したものです。日本で発売される第2世代はどのように更に進化したか楽しみです。まずはセットアップ手順を報告します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

セットアップ手順

  1. Echo Showに付属のAC電源ケーブルをコネクタを本体裏のソケットに差し込み、AC電源をコンセントに差し込みます。
  2. Echo Showが起動しAmazonロゴ、Echoロゴが表示されスピーカーから音声が再生されます。
  3. Echo Showから「こんにちは。それではセットアップを始めましょう!」と音声が再生されます。
  4. タッチスクリーン上にWi-Fiネットワークの接続のための設定画面が表示されるので、接続を行うネットワークをタップします。
  5. Wi-Fiネットワークのパスワード確認画面が表示されますのでパスワードを入力し「決定」をタップします。
  6. 「ネットワークに接続」画面で「インターネットへの接続名」「暗号方式」「パスワード」が表示されますので内容を確認し「接続」を選択します。
  7. 「AMAZONアカウント」画面が表示されますのでこのデバイスで利用するアマゾンのアカウントの「Eメールまたは携帯電話番号」「パスワード」を入力し「サインイン」をタップします。
  8. 「ようこそ」が画面が表示されますので「続行」を選択します。
  9. 「タイムゾーンの確認」画面が表示されますので内容を確認し「続行」をタップします。
  10. 「デバイス名」画面が表示されますので必要に応じて変更します。変更が終了したら「続行」を選択します。デバイス名はその名称を利用して「通話、呼びかけ機能」「音楽再生」します。複数台導入したり、使い込んでいくと呼びやすい名称のほうがストレスが少ないです。
  11. 最新のソフトウェアアップデートをチェックしに行きます。アップデートがある場合は指示に従いアップデートしましょう。
  12. 「Echo Showの紹介」画面が表示されます。画面左上の「再生」ボタンを選択します。紹介ビデオが再生されます。
  13. 再生が完了し「デバイスの準備ができました」とメッセージが再生されるとセットアップが完了です。

Amazon Echoシリーズが日本で発売され1年が経過し、セットアップを終了し、Amazon Echo Show 2ndのセットアップもこなれた印象を持ちました。質感がよく、画面が大きいのはいいですね。買ってよかったと思っています。追加報告ができればと思います。

Amazon Echo Dotとの生活が1年近くになり第3世代も入手した管理人が購入当初、ヘルプ情報の未確認を後悔。購入時はもちろん、今後スマートホーム機能、スキルなどの追加前のユーザに対して足を止めて確認してほしい11のヒントをまとめました。
Amazon Echo Show発売に合わせアマゾン社ではランプとバンドル商品を販売。EchoShowの価格で「Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ」も入手可能。このランプとEcho Showとをセットアップ手順を報告いたします。
Amazon Echo ShowはEchoに7インチタッチスクリーンを搭載。音声認識に加えてタッチスクリーンの利用、Fire HD 10タブレットのAlexa2台でコール・メッセージ機能を体験のため購入。その外観とセットアップ手順の報告。
Echo Showを利用してみてわかった、お気に入り4機能を報告します。Amazon Echoの音による応答に加えて、映像、字幕情報が追加されており、家庭で音声アシスタントの活用の場が増やしたいアマゾン社のこだわりを感じられます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 郡司 三郎 より:

    エコーショーでアベマTVをみられるようにアプリを追加してほしい。

  2. 管理人 より:

    年末年始の長期休暇をいただいており、返信が遅くなりました。
    そうですね。現在、アベマTV関連は2つのスキル「AbemaTV」「AbemaTV」がありますが、
    映像ではないですよね。
    著作権などの問題を解決する必要がありそうでハードルは高そうですが
    期待して待ちましょう。